関節痛と天候。そしてロコモプロを実感。

関節痛って痛みは日によって違いますね。

私は膝関節を痛めてしまっています…

天気が悪い日は特に膝が痛みます。

なんで天気が悪いと痛むのかな…?

それがかなり疑問です。

気圧の変化とかはよく聴きますがどうなんでしょうか。

台風の時なんかも痛いしね。

最近は寒くなってきたから、関節痛はかなりひどいです。

夏よりも冬のほうが、関節には厳しい季節になりますね。

やっぱり冷えって関節にはよくないんでしょうね。

関節痛ってなかなか改善しないから、うまく付き合っていくしかないんでしょうね。

そういう風に考えていかないと、慢性的な痛みに気持ちがかなりめげてしまいそうになります。

関節痛にきく特効薬や、治療が確立されればいいのに…と感じます。

私の場合は一応ロコモプロを飲んでいますが、評判が良いといってもやはり即効性があるものではありません。薬ではなくて、あくまでも健康補助食品ですから、その目的は栄養の摂取です。

ただ、今ロコモプロを飲み始めてからだいたい3ヶ月ほどが経ちますが、以前のように朝起きた時に感じる膝の関節に対しての違和感は和らいだ気がします。

朝の違和感があるときはだいたい昼ぐらいになると、階段を上ったり下りたりした時に膝が痛くなるんですが、それがなくなってきたんですね。

もしかしたら、これはロコモプロのおかげで関節痛が和らいでいる、そう言えるのかも知れません。

膝痛に悩まされ、ロコモプロを飲む事に。

ここ数日膝痛に悩まされています。これと言って思い当たる節もないのですが、左膝がかなり痛いのです。

特に座るときが痛く、畳に座るときに鈍い鈍痛が走ります。

特に膝を動かさなければ痛いわけではないので日常生活にはそれほど困りませんし、走ったりしてもそれほど痛くありません。曲げて床に座るときに痛いのです。

左膝は以前に側副靭帯を損傷したことがあるので、もしかしたらそれが原因なのかもしれませんし、意識しないうちに捻っていたりしたのかもしれません。

特に最近寒くなってきていることもあるので、それがあまりよくないのかもしれません。原因がはっきりしていれば、対処の方法も思いつくのですが、原因に見当がつきませんので対処のしようがありません。

もしかしたら年齢的なものなのかもしれませんが、しばらくは安静にして様子を見たいと思います。

一応ロコモプロを飲み始めることにしました。関節が痛い時はグルコサミンが良いと言う話は以前にも聞いた事があるんですが、グルコサミンよりもプロテオグリカンの方がより体に吸収されやすい分効果的なんだそうです。

もちろん、ロコモプロは薬ではないので、いきなり痛みがなくなるわけではないのは十分理解しているのですが、今の膝痛がさらに悪化してしまわないように対策をする事はとても大切な事だと思い、ロコモプロを買ってみたんです。

天気と関節痛とロコモプロ

私が経験した関節痛は、「天気が悪くなると『痛む』関節痛です。」

このような事が何故、起きるのだろうと思い調べたら、雲などによる気圧の変化という事が、分かりました。

なので、私の「関節痛」は天気予報ぐらいによく天気が分かり当たります。そんな状況になっている時に、昔、私のお婆ちゃんが、「肩が痛いから明日は雨だ・・・。」と言っていたことを思い出しました。

その状況は、このような感じです。雨が降る前日には、関節に違和感を覚えます。特に膝のあたりに感じます。昔、スポーツをしていて怪我をしてしまった場所です。

そのような経験から「『関節痛』は天気に左右されるのだなぁ。」と感じたのと、「お婆ちゃんの言っていたことが、経験が出来て分かったので、勉強になった。」と思いました。

とはいっても、改善していかないといけないわけで、私の場合は数ある関節痛のサプリメントのなかから、ロコモプロを選びました。選んだ基準は、プロテオグリカンが入っていたからですね。

以前病院の待合場所で、プロテオグリカンの本を読んだ事があって、膝などの関節には良い成分なんだなって思っていたからです。

ただ、そのときはまだ大学の研究機関で研究されていた、まだ一般的なサプリメントには配合されていなかったので、あまり関係のない話かなと思っていたのですが、それが先日友人にロコモプロにはプロテオグリカンが入っているんだよね、っていうのを聞いて、それだったら私も欲しいなと思ったんです。

今はロコモプロを飲み始めてだいたい4ヶ月ぐらいになりますが、以前と比較したら、朝の膝の違和感がなくなってきました。いわゆるこわばりっていうものでしょうか?

それがなくなってきたので、本当に朝のあの嫌な痛みがなくなって感謝しています。

痛みが気になる季節になりました

初雪が訪れた地域もあり、連日真冬の空模様。
腰や肩、膝などに痛みを抱えている方には厳しい寒さがやって来ました。

関節痛と言えばテレビコマーシャルなどでもおなじみの「コンドロイチン」や「グルコサミン」

痛みを感じる原因となっている、加齢や肥満による軟骨のすり減りや関節の変形。
飲めばすぐに…といった劇的な変化が訪れることは難しいかもしれませんが、
毎日飲み続けることで効果が現れて欲しいものですね。

また、ビタミンも関節痛に良いそうです。
身体の代謝を高めたり、神経の伝達を整えてくれるビタミンB類や
グルコサミンの働きを助けるビタミンCなどもおすすめです。

コンドロイチンやビタミン剤など、成分の含有量が薬に比べ少ない「サプリメント」に分類されているものは飲み合わせの心配は少ないですが、病院のお薬を継続して飲んでいるような持病がある方はご注意ください。
(抗血栓薬を服用されている場合はグルコサミンは相性が悪いそうです)

親指の付け根に痛みがあると通風
痛む場所が熱を持っていたり腫れがあるなら神経や筋肉の炎症など
加齢などから来る痛みではない場合もありますので、
そういった症状が見られる方も病院でのご相談が必要かもしれません。

激しすぎない運動や温めることも痛みの改善に役立つそうです。
ウォーキングや入浴で寒さも吹き飛び一石二鳥。

少しでも痛みを和らげて寒い冬を乗り切りたいですね。

それと、私の場合はロコモプロを関節痛の対策サプリとして飲んでいます。プログリカンはが含まれているロコモプロですが、おそらくは今後はグルコサミンなどに変わってこのプロテオグリカンが、それとⅡ型コラーゲンもそうですね、関節痛対策の為のサプリメントとしては主な成分になるのではないかと思いますよ。

 

ただ、ロコモプロ以外にもプロテオグリカンが配合されているサプリメントはあります。ですので、あくまでも私の場合はロコモプロですが、プロテオグリカンが入ったものであれば、それ以外であっても問題はないと思います。

 

関節痛の治療の為整形外科へ。サポートとしてロコモプロを。

最近50代の私の両親が2人共、膝の関節痛があり整形外科に通っています。

 

CM等でもよく関節痛のグルコサミン等のサプリメントを見かけますが、出ている方はかなりご年配の方のイメージが強くまさか両親共に50代で病院に通う事になるとは思っていませんでした。

 

サプリメント等で補うのも良いのかなあと思っていましたが、整形外科に行っている私の両親は膝にヒアルロン酸の注射をしてもらっています。

 

 

ヒアルロン酸と言うと美容のイメージがありましたが、膝関節にヒアルロン酸注射をするとクッションの役割を果たして痛みが軽減されるようです。

 

 

ただこの注射、注射自体の痛みが強いと聞いた事もあり少し心配でしたが、両親いわく上手な先生だと全く痛みは感じないようです。

 

 

自分が必要になった時には評判の良い先生の病院に行こうと思っている最近です。

 

 

それと、サプリメントに関してはロコモプロが気になっていたので、最初はどうかと思っていたのですが、購入して飲むことにしました。

 

 

関節痛はひどくなる前の予防が大切だということを知ったのがちょっとしたきっかけといえば、きっかけなのですが、ロコモプロは関節軟骨の成分そのものを配合しているらしくて、他のよりも高い効果が期待できるのではないかと思ったからです。

 

とはいっても、すぐに関節痛がなくなるわけではなくて、あくまでも整形外科に通いながらのサポート的な役割ですけどね。