痛みが気になる季節になりました

初雪が訪れた地域もあり、連日真冬の空模様。
腰や肩、膝などに痛みを抱えている方には厳しい寒さがやって来ました。

関節痛と言えばテレビコマーシャルなどでもおなじみの「コンドロイチン」や「グルコサミン」

痛みを感じる原因となっている、加齢や肥満による軟骨のすり減りや関節の変形。
飲めばすぐに…といった劇的な変化が訪れることは難しいかもしれませんが、
毎日飲み続けることで効果が現れて欲しいものですね。

また、ビタミンも関節痛に良いそうです。
身体の代謝を高めたり、神経の伝達を整えてくれるビタミンB類や
グルコサミンの働きを助けるビタミンCなどもおすすめです。

コンドロイチンやビタミン剤など、成分の含有量が薬に比べ少ない「サプリメント」に分類されているものは飲み合わせの心配は少ないですが、病院のお薬を継続して飲んでいるような持病がある方はご注意ください。
(抗血栓薬を服用されている場合はグルコサミンは相性が悪いそうです)

親指の付け根に痛みがあると通風
痛む場所が熱を持っていたり腫れがあるなら神経や筋肉の炎症など
加齢などから来る痛みではない場合もありますので、
そういった症状が見られる方も病院でのご相談が必要かもしれません。

激しすぎない運動や温めることも痛みの改善に役立つそうです。
ウォーキングや入浴で寒さも吹き飛び一石二鳥。

少しでも痛みを和らげて寒い冬を乗り切りたいですね。

それと、私の場合はロコモプロを関節痛の対策サプリとして飲んでいます。プログリカンはが含まれているロコモプロですが、おそらくは今後はグルコサミンなどに変わってこのプロテオグリカンが、それとⅡ型コラーゲンもそうですね、関節痛対策の為のサプリメントとしては主な成分になるのではないかと思いますよ。

 

ただ、ロコモプロ以外にもプロテオグリカンが配合されているサプリメントはあります。ですので、あくまでも私の場合はロコモプロですが、プロテオグリカンが入ったものであれば、それ以外であっても問題はないと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です